プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとエフペシア

      2018/02/01

プロペシアとエフペシアの違いについて

プロペシアの代表的なジェネリック医薬品がエフペシアで、個人輸入代行業者などで販売されております。

この2つの医薬品の違いは価格で、得られる効果ではありません。

正規品のプロペシアと同じ成分でエフペシアは作られているため、得られる効果も副作用のリスクも一緒というわけです。

にも関わらず、ジェネリック医薬品には薬を開発するための莫大な費用がかかっていないため、私たちは非常に安価な価格で入手できます。

得られる効果や副作用に違いは特にないため、「AGAの対策や治療にかかる費用を削減したい」という方にエフペシアはおすすめです。

もし、医療機関を受診して専門医からプロペシアを処方してもらうとなると、薬代だけではなく初診料や検査費用、場合によっては交通費もかかります。

しかも、定期的に病院を通院して医薬品を処方してもらわなければならないため、時間とコストの両方を見てエフペシアのようなジェネリック医薬品に頼るのがベストだとお分かり頂けるはずです。

個人輸入代行業者を利用すれば自宅にいながらAGA対策ができますし、誰にも知られずに済むというメリットもあるのではないでしょうか。

病院を受診すれば医師や看護婦さんに知られますし、これが個人輸入代行業者を利用したAGAの治療との大きな違いです。

しかし、今では個人輸入代行業者のオオサカ堂で、エフペシアの取り扱いが終了してしまいました。

他の業者でも取り扱いが終わっているみたいなので、正規品のプロペシアを使ってDHTの抑制を図り、AGAによる薄毛を克服できるように努力してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、現在ではエフペシアの取り扱いは終了してしまいましたが、以前は他のプロペシアのジェネリック医薬品と比べて人気がありました。

それは、コーティング剤としてエフペシアの中にはキノリンイエローが含まれていなかったからです。

以前まで販売されていたプロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアには、発がん性物質の疑いがあったキノリンイエローが配合されておりました。

疑いがあるだけでガンのリスクが確実に高まるというわけではないものの、服用する患者さんにとっては多少なりとも不安が残るはずです。

その点、エフペシアにはキノリンイエローが含まれておらず、尚且つ格安の価格でAGAの対策ができたからこそ、効果と安全性の両方の側面で人気を得ていたのではないでしょうか。

有効成分以外の凝固剤には違いがありますが、脱毛原因物質のDHTを抑制するフィナステリドが含まれているという点ではプロペシアもエフペシアも一緒です。

医薬品としての効果は口コミを見ても間違いないので、プロペシアのジェネリック医薬品を個人輸入代行業者で購入してみてください。

 - プロペシアと関係のある薬