プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとフィンペシア

      2018/02/01

プロペシアとフィンペシアの違いと効果について

有効成分のフィナステリドが含まれた内服薬がプロペシアで、このジェネリック医薬品として以前からフィンペシアが人気を得ております。

「プロペシアとフィンペシアはどのような違いがあるのか?」「プロペシアとフィンペシアの効果は同じなのか?」という疑問を抱えるはずです。

フィンペシアはプロペシアとほぼ同じ成分の内服薬としてインドのシプラ社から製造されており、当然のように抜け毛の発生を食い止めるフィナステリドが配合されております。

オリジナルとして開発されたプロペシアのジェネリック医薬品なので効果に大きな違いはなく、正規品よりも安いコストで入手できるので高い人気を誇っているのです。

プロペシアを最も安い価格で販売しているオオサカ堂で入手したとしても、1年間で7万円近くはかかりますし、医療機関で処方してもらえば軽く10万円は超えるかもしれません。

その点、購入方法によって多少は違いがありますが、ジェネリック医薬品のフィンペシアならば1日当たり21円~25円で済みますし、1年間で数万円のコスト削減に繋がります。

AGAの対策は長期間に渡って続けなければならないという大前提があるため、安い費用で購入するためにインターネット上の口コミでもプロペシアではなくフィンペシアを服用している方が多いのです。

成分はほぼ同じなので効果だけではなく副作用のリスクも一緒ですし、「フィンペシアの方が身体に悪い」ということもないでしょう。

薬の銘柄が異なるだけで新薬を元にして作られているのは事実なので、プロペシアからフィンペシアに乗り換えてAGA対策を続けてみてください。
 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアはアメリカでの特許が切れていないため、フィンペシアは正式にノウハウが受け継がれているわけではありません。

それでも、フィナステリドが同量配合されているので、実質的にはプロペシアのジェネリック医薬品だと捉えられますし、低コストで入手できるのが大きな強みです。

先発医薬品の臨床試験で効果や安全性の確認が取れているため、フィンペシアの製造には開発コストがかからず、私たちは安価で入手できるという仕組みになっております。

しかし、結局のところ、医薬品は個人によって合う合わないがあるので、プロペシアが効く人がいればフィンペシアが効かない人もいらっしゃるのです。

とは言え、2つの医薬品の実力は同程度と捉えて問題はないため、プロペシアを服用するのかフィンペシアを服用するのか良く考えてみましょう。

最初はプロペシアとフィンペシアを交互に服用して様子を見て、変化が得られるようならばフィンペシアの割合を多くしてコストを削減するのも選択肢の一つです。

 - プロペシアと関係のある薬