プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとフィナステリド

      2018/02/01

「プロペシアとフィナステリドはどのような違いがあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

しかし、この2つは別々の医薬品ではなく、内服薬のプロペシアの中に含まれている成分がフィナステリドなのです。

つまり、基本的にプロペシアとフィナステリドは一緒ですし、成分のフィナステリドを製品化した錠剤がプロペシアとなります。

思春期以降に引き起こされる薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)で、男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼの働きにより、DHTに変わってヘアサイクルが乱れて十分に成長する前に抜け落ちるのです。

この酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してくれるのがプロペシアの中に含まれているフィナステリドで、結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)が作られにくくなります。

つまり、プロペシアはAGAの原因に特化した効果的な内服薬だと言えるのではないでしょうか。

日本では2005年の12月にプロペシアが厚生労働省に承認され、アメリカのメルク社の子会社のMSD社から販売されております。

フィナステリドの効果は日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも認められており、AGA治療の基本と言っても過言ではありません。

原則的にはフィナステリドを含むプロペシアは医師の処方箋がなければ入手できないものの、現在では個人輸入代行業者のオオサカ堂などを利用してネット通販のような形で購入できるようになりました。

医療機関での処方よりも格安の価格でプロペシアを入手し、今直ぐにでもAGA対策ができるので、一度オオサカ堂で購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、抜け毛を抑える成分のフィナステリドが含まれた内服薬は、何もプロペシアだけというわけではありません。

日本の厚生労働省やアメリカのFDAから認可されているAGAの内服薬はプロペシアだけですが、この医薬品のジェネリックが他のメーカーから幾つも販売されております。

ジェネリック医薬品の中でもフィンペシアやフィナロ、フィンカーやエフペシアといった内服薬が有名で、プロペシアと同じようにフィナステリドが含まれているため、AGAの治療に役立てられるのです。

しかも、正規品のプロペシアよりも圧倒的に安いコストで入手できるため、ジェネリック医薬品を使ってAGA対策を行っている男性も多いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれており、開発の際の費用がかかっていないため、私たちは格安の料金で購入できるのです。

フィナステリドの配合量に違いはなく、効果が劣ったり副作用のリスクが高まったりしているわけではないので、経済的な負担を和らげたい男性は使用してみてください。

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素