プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとフィナロ

      2018/02/01

プロペシアのジェネリック医薬品として販売されているのがフィナロで、インドのグジャラート州に拠点を置くインタス社(Intas Pharmaceuticals Limited)から製造・販売されております。

エフペシアと同じようにプロペシアのジェネリックの中でも、フィナロは売上ランキングで上位を位置しており、格安の価格で入手できるところが大きな強みです。

製造国はプロペシアとは異なるものの、有効成分のフィナステリドがフィナロの中には含まれており、DHTを抑制して抜け毛の発生を食い止めてくれます。

効果や副作用には特に違いがありませんし、安価でAGAの対策ができるからこそ、フィナロを服用している男性が多いのではないでしょうか。

日本ではなくインドの製薬会社が製造している医薬品を服用することに対して、少なからず不安が残るかもしれません。

しかし、フィナロを製造しているインタス社はリウマチやガン、腎臓や自己免疫など様々な慢性疾患領域での研究を中心に全世界70ヶ国以上で販売実績があります。

インド国内でも12番手の製薬会社に成長しておりますし、世界市場での展開拡大に向けて努力している企業なので、信頼感は非常に高いというわけです。

フィナロは、オオサカ堂で30錠1,705円、くろぐろ本舗で30錠3,000円、TrendyWorldで30錠2,840円という料金で販売されており、プロペシアよりも圧倒的に安くなっております。

100錠や200錠単位でも販売されており、長期間に渡ってAGAの対策を考えている男性におすすめです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂が最もコストパフォーマンスが良いので、フィナロを使ってAGAの対策を練ってみてください。
 

>>> フィナロの詳細はこちら

 
さて、以前まではプロペシアのジェネリック医薬品として、フィンペシアが最も高い人気を誇っておりました。

しかし、日本では食品の添加が禁止されているコーティング剤のキノリンイエローが含まれていることが判明し、人気が急激に落ちているのです。

その点、フィナロにはこのキノリンイエローは含まれていないため、プロペシアのジェネリック医薬品の中も人気が急上昇しております。

国内のプロペシアは1錠が250円という相場になっているため、1年間で91,250円もの費用を費やさなければなりません。

これに対して、フィナロは1錠当たり25円程度と格安の価格で販売されているため、コストを徹底的に抑えながらAGAの対策を進めていくことができます。

日本でもフィナステリドを使った臨床試験は実施されており、1年間の服用で改善(髪の毛が増えた)は58%、不変(以前と変わらず)は40%というデータが出ました。

フィナロでも同じような効果が得られるのは紛れもない事実なので、薄毛で悩む男性は一度使用してみてください。

 - プロペシアと関係のある薬