プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと円形脱毛症

      2018/02/01

頭部に10円玉のハゲが1ヵ所や数ヶ所に形成される脱毛症が円形脱毛症で、年齢や性別に関わらず悩まされるという特徴があります。

この円形脱毛症をプロペシアの服用で治せるのか、という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、数ある内服薬の中でもプロペシアは薄毛治療として有名ですし、厚生労働省やアメリカのFDAからも正式に認可されております。

しかし、プロペシアは薄毛治療全般に効き目のある内服薬ではなく、AGA(男性型脱毛症)に特化した医薬品なので、円形脱毛症には効き目がないのです。

AGAは加齢によって男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、活性型のDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されて脱毛作用が引き起こされるというメカニズムになっております。

プロペシアはこの酵素の働きを阻害してくれる画期的な内服薬で、結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されにくくなって抜け毛や薄毛の症状を抑えられるのです。

AGAがホルモン異常による薄毛なのに対して、円形脱毛症は本来は毛髪の成長を促す免疫力が自分の毛髪を攻撃する自己免疫疾患が原因だと考えられております。

精神的なストレスやアレルギー反応によって自己免疫疾患が生じ、男性ホルモンが原因の薄毛ではないため、プロペシアは円形脱毛症に効果がないのです。

円形脱毛症ではプロペシアを服用しても一切効き目がないだけではなく、副作用のリスクが高まるだけとなるので注意しましょう。

その点、AGAにとっては画期的な治療薬なので、抜け毛や薄毛の症状を抑えるために、個人輸入代行業者のオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、円形脱毛症を発症する原因の多くは精神的なストレスで、溜まりすぎると自律神経の交感神経が優位な状態になります。

その結果、交感神経が何かしらの原因で血管を収縮させ、身体全体の血行不良が生じて頭皮に栄養素が行き渡りにくくなり、抜け毛が増えるのです。

そのため、原因が解消されたり時間の経過によってストレスを発散できれば、自然と円形脱毛症の症状が治癒していくことは十分にあり得ます。

しかし、リンパ球の機能がおかしくなる自己免疫疾患や、遺伝的な疾患、婦人科疾患によるホルモンバランスの乱れも円形脱毛症の原因で、個人の症状によって自然治癒しないかもしれません。

最初は円形脱毛症の中で良く見られる単発型でも、時間の経過によって脱毛部分が2ヵ所以上に渡って引き起こされる多発型円形脱毛症や、頭髪だけではなくわき毛や眉毛も抜け落ちる汎発型円形脱毛症へと発展することもあります。

症状が悪化すればするほど治りにくくなりますし、抜け落ちた髪の毛が生えてこなくなる可能性もあるので、円形脱毛症はプロペシアの服用ではなく、早めに病院を受診して適切な対処を行ってください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気