プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの副作用で動悸が速くなる理由

      2018/03/29

プロペシアの副作用で動悸が速くなる理由をまとめてみた

プロペシアの副作用で動悸が速くなる理由をまとめてみた

プロペシアの服用を始めてからというもの、動悸を感じるようになったという男性は少なくありません。

動悸とは、ドキドキと自分の心臓の拍動が感じられる症状のことを指し、次の症状が出ている人に当てはまります。

  • 激しい運動をしていないのに心臓がドキドキとする
  • ドクンと大きな拍動が引き起こされる
  • 急に脈拍が激しく乱れる

健康な人にも起こる期外収縮の可能性もありますので、動悸が速いからといって病気というわけではないのです。

しかし、プロペシアを服用する度に動悸を感じていればストレスが溜まりますし、不快感が募るのではないでしょうか。

そもそも、プロペシアの副作用で動悸が速くなる理由を以下では簡単にまとめてみました。

  • 内服薬である以上は心臓に何かしらの負担が加わっている
  • 元々心臓の機能が加齢によって弱くなっている
  • AGA治療薬の服用を続けて身体の変調に敏感になっている

プロペシアは安全性の高い治療薬でも内服薬の一種なのは変わりないため、少なからず副作用で悩まされる確率はあります。

とは言え、プロペシアの添付文書をチェックしてみると、心臓に大きな負担が加わったり動悸が速くなったりという副作用の項目は記載されていませんでした。

「1日に1錠を服用する」「毎日同じタイミングで服用する」「飲み忘れた時にまとめて服用しない」といった飲み方をしていれば副作用のリスクなくAGAの治療ができますので、プロペシアの購入を考えている男性は個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用してみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

ミノキシジルタブレットの服用による動悸に注意!

プロペシアではなく、身体に加わる負担が大きなミノキシジルタブレットを服用した場合、動悸や眠気といった副作用が引き起こされやすくなります。

血管拡張作用が高くて直接的な発毛効果を得られる内服薬ですので、現在では次の方法でミノキシジルタブレットを購入してAGAを治療する男性は増えました。

  • ミノタブを取り扱っている専門クリニックを受診して医師から処方してもらう
  • 上記でご紹介したオオサカ堂などの個人輸入代行サイトを利用する

しかし、ミノキシジルタブレットは確かな発毛効果を得られる代わりに危険度が高く、服用には十分に注意しなければなりません。

ミノキシジルタブレットの服用を続けて、「動悸が前よりも速くなった」「心臓に痛みを感じる」と口コミを残している男性はいます。

その点、プロペシアはミノキシジルタブレットと比較して作用が弱く、身体に負担をかけずにDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制して抜け毛の発生を食い止めることが可能です。

用法と用量を守っていれば動悸の心配なくAGA治療を続けることができますので、まずはミノタブではなくプロペシアの服用から始めてみてはいかがでしょうか。

 

加齢による更年期障害で動悸を引き起こしている可能性もある!

引き起こされている動悸はプロペシアの副作用ではなく、加齢による更年期障害の可能性もあります。

更年期障害と聞くと女性専用の病気だとイメージするかもしれませんが、決してそんなことはありません。

男性ホルモンの分泌の低下で男性更年期障害(LOH症候群)を引き起こす方は多く、代表的な症状を幾つか挙げてみました。

  • 何もやる気がしない
  • 身体がだるい
  • 憂鬱な気分
  • 性欲の低下
  • めまい
  • 集中力の低下

動悸や息切れも男性更年期障害(LOH症候群)によって生じる典型的な症状なので、必ずしもプロペシアの服用が引き金ではないのです。

プロペシアを服用しているということは当然のようにAGAを発症しており、20代の若者よりも40代や50代といった中高年の男性の方が割合的には多くなります。

この年齢になると、誰でも同じように男性更年期障害(LOH症候群)を発症することはあるため、症状の悪化で苦しんでいる方は病院を受診してみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気