プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用はドーピングになる?

   

プロペシアの服用はドーピングになるの?

プロペシアの服用はドーピングになるの?
AGAで悩まされるのは男性の宿命で、デスクワークをしている方もプロのスポーツマンも一緒です。

生まれつき還元酵素の5αリダクターゼの量が多ければ男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化し、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。

そんな状態をストップさせる医薬品がプロペシアですが、「服用するとドーピングになるのではないか?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

そもそも、ドーピングとは運動能力を高めて良いスコアや記録を出すために薬物を使うことを指し、当然のようにオリンピックや競馬などの競技で禁止されています。

実は一昔前はプロペシアに含まれている有効成分のフィナステリドが禁止薬物リストに入っていたのです。

  • 世界アンチドーピング機関(WADA)のリストには様々な薬物がリストに載っている
  • プロペシアに含まれるフィナステリド(フィンペシアなども一緒)が禁止された
  • スポーツ選手のAGA治療として飲む育毛剤のプロペシアはNGだった

このような歴史があり、驚いた方は多いのではないでしょうか。

実際にプロペシアを服用してから競技へと臨み、以下のスポーツマンが試合出場停止処分を受けました。

  • 福岡ソフトバンクホークスのリッキー・ガトームソン投手
  • アメリカのスケルトン選手 ザック・ランド
  • ブラジルのサッカー選手 ロマーリオ選手
  • ラグビー選手の山中亮平選手

意外と有名な選手の名前も入っており、名声を得ていても抜け毛や薄毛の悩みを抱える点では私たち一般人と変わらないことがお分かり頂けるはずです。

フィナステリドがドーピング検査で引っ掛かった理由は?

蛋白同化薬やベータ2作用薬がドーピング検査に引っ掛かり、筋肉を増強させるような効果を持つのが大きな理由となっています。

プロペシアのフィナステリドにはそんな効果はありませんが、筋肉増強剤を使って痕跡を消す作用があるからこそ禁止薬物として認定されていました。

  • AGAを発症しておらず特に抜け毛や薄毛では悩んでいない
  • 筋肉増強剤を服用して運動能力を向上させた
  • カモフラージュするためにプロペシアを飲んだ

マスキング効果や利尿効果で隠せるので、陽性反応が出た選手が処分されたのです。

ドーピングをしていない人に対して不公平なのでフェアプレーではありませんし、副作用で選手生命の危機に繋がるリスクがあるので全世界で禁じられています。

今は禁止薬物リストから除外された

今現在は禁止薬物リストからプロペシアやフィナステリドが除外され、一般人の男性もプロのスポーツ選手も安心して服用してAGAの対策ができるようになりました。

2009年1月1日に除外されており、検査方法の進歩でプロペシアを飲んでいても筋肉増強剤の使用の有無を見抜けるようになったからです。

本当はドーピングをしていないのに検査に引っ掛かって出場停止になってしまった人からすれば飛んだ災難ですが、現在では特に問題はありません。

プロのスポーツ選手が使っているほどプロペシアの効果は非常に高く、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも高く評価されている理由です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂では格安の料金で販売されているので、抜け毛の予防や薄毛の改善のために服用してみてください。

 
>>> プロペシアの詳細はこちら
 

 - プロペシアに関するFAQ