プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとDHT(ジヒドロテストステロン)

      2018/02/01

AGA(男性型脱毛症)を改善するためには、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えなければなりません。

男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結び付き、DHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、皮脂腺の受容体と結び付くことで過剰に皮脂を分泌させ、毛髪の成長を妨げます。

ヘアサイクルの乱れも同時に引き起こし、髪の毛が太く長く成長しきる前に抜け落ちるので、年齢を重ねるにつれて薄毛が進行していくというメカニズムです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えられるのが、当サイトでもご紹介している内服薬のプロペシアとなっております。

プロペシアは審査基準の厳しいアメリカのFDAからも認可されており、日本でも2005年に厚生労働省から医薬品として認可が下りました。

プロペシアの服用を続けると酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してくれるため、結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)の量が減り、抜け毛を抑えてAGAの治療に繋げることができます。

5αリダクターゼは誰の体内でも生成されているものの、分泌量が多い男性ほどDHT(ジヒドロテストステロン)が作られやすくなるので、AGAを発症しやすいのです。

「AGA(男性型脱毛症)の対策=DHTへの対策」と言っても過言ではないため、プロペシアの服用は非常に理に適っているのではないでしょうか。

育毛剤や育毛サプリメントではDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えるのは難しいので、AGAの根本的な対策を考えている男性は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂からプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアによるDHT(ジヒドロテストステロン)抑制効果をしっかりと得たいのならば、正しい飲み方で服用する必要があります。

水やぬるま湯を使って1日に1錠服用するのが絶対条件で、食前でも食後でもタイミングは個人の自由ですが、毎日同じ時間帯に服用することで血中濃度を安定させられるのです。

この治療を続けることにより、とある調査ではDHT(ジヒドロテストステロン)の血清濃度が最大で65%も減少することが分かりました。

服用をやめれば有効成分のフィナステリドは体内から徐々に失われ、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できなくなるため、抜け毛や薄毛が進行しやすくなるのはお分かり頂けるはずです。

プロペシアは男性機能の低下や性欲減退といった副作用が報告されているものの、男性ホルモンのTH(テストステロン)に直接的に働きかけるわけではありません。

TH(テストステロン)は生殖器の増大や性欲の増加、骨格や筋肉の成長など男性にとって欠かせない存在なのです。

飲み方を間違えていなければ重篤な副作用で悩まされることは少ないので、プロペシアで今直ぐにでもAGA治療を開始してください。

 - プロペシアのメリット