プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとデパスは併用できる

   

デパスとはどんな医薬品?

デパスとは神経に作用する代表的な医薬品で、1984年に抗不安薬として発売されました。

  • 精神安定剤なので不安を和らげる作用を持つ
  • 筋弛緩作用で心身をリラックスさせられる
  • 弱い抗けいれん作用で足の筋肉の痺れにも効き目がある
  • 患者さんからの満足度が高く病院で処方されることが多い

こういった効果や特徴を持ち、ベンゾジアゼピン系に分類されます。

「ベンゾジアゼピン系の医薬品は睡眠薬なのではないか?」と疑問を抱いている方は少なくありません。

デパスの本来の効果は不安を和らげる作用ですが、「入眠障害に有効」「中途覚醒に有効」という側面も持ち合わせているので睡眠薬としても使われているのです。

プロペシアとデパスは併用できるの?

プロペシアとデパスは併用できるの?

AGA治療薬のプロペシアと抗不安薬のデパスを併用できるのかどうか、疑問を抱えている男性はいます。

確かに、2種類の内服薬を飲み合わせて良くない症状が引き起こされるケースは少なくありません。

結論から言えばプロペシアには併用禁忌薬は設定されておらず、服用する時間帯さえずらしていればデパスと併用できます。

  • プロペシアで薄毛の治療を行っていると稀に睡眠障害で悩まされる
  • 眠れない日々が続くことでストレスが溜まって髪の毛にも悪影響
  • そんな時に抗不安薬のデパスを服用する
  • AGAの治療を続けながら睡眠障害の症状を改善できる

上記のような作用が期待でき、「プロペシアを服用すると寝付きが悪くなったり睡眠が浅くなったりする」という悩みを抱えている男性におすすめです。

アンチピリン(酸様鎮痛解熱薬)やプロプラノロール(アドレナリン作動性効果遮断薬)、テオフィリン(気管支喘息治療薬)といった薬物との相互作用も見られず、安全性の高さが魅力的なのでAGAで悩んでいる男性はプロペシアを試してみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

デパス自体に副作用があるので注意!

プロペシアとの併用に問題がないとしても、デパス自体に幾つかの副作用が報告されているので注意しなければなりません。

  • 催眠作用からふらつきが生じる
  • 筋弛緩作用によって転倒の原因になる
  • 抗不安効果が強いので依存になりやすい
  • 息苦しさや頭重感が酷くなる
  • ふるえや幻覚などが生じる

これらの副作用が代表的で、効果の高いお薬は副作用のリスクもそれなりに高いと心得ておくべきです。

プロペシアと併用して副作用の症状が倍増する可能性もあり、不安な男性は飲み合わせる前に専門医や薬剤師へと相談してみてください。

 - プロペシアと関係のある薬