プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと男性不妊

      2018/02/01

健康なカップルが定期的に仲良しを続けているのにも関わらず、2年間経っても妊娠に至らない状態を不妊と呼び、男性に原因がある場合を男性不妊と呼びます。

不妊と聞くと赤ちゃんを授かる女性側に何かしらの問題が潜んでいると考える人が多いかもしれませんが、後天的な理由や先天的な理由で男性に原因が潜んでいることもあるのです。

当サイトでご紹介しているAGA治療薬のプロペシアは、男性不妊のリスクを高めるというデータが出ております。

プロペシアの服用による副作用として、医療用医薬品添付書情報では以下のように記載されておりました。

・男性機能の低下
・性欲の減退
・勃起不全
・精子濃度減少
・無精子症
・精子運動低下

このように、プロペシアの服用で男性機能に関する副作用のリスクは少なからずあり、妊娠させる力が弱まりやすいのは紛れもない事実です。

実際に、アメリカのマウントサイナイ病院では、男性不妊で訪れた患者さんの中からプロペシアを服用している人を調べ、投薬を中止させると精子濃度が11.6倍に増加したことが分かりました。

精子数が減少してもプロペシアの服用で必ずしも男性機能が低下するわけではないので、男性不妊に陥りやすいというわけではありません。

それでも、プロペシアの服用で男性不妊になるリスクは少なからずあると心得ておくべきです。

それに、医薬品の服用だけではなく、ストレスやアルコール、喫煙や肥満など後天的な要因によって男性不妊が引き起こされる場合があります。

もし、プロペシアの服用で自分の身体に異変を感じた男性は、早めに専門医の診察を受けてこれからの対処の方法について伺ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、元々男性不妊を患っており、年齢を重ねるにつれて髪の毛が減り、プロペシアの服用の副作用と合わさって症状が酷くなったという男性はいらっしゃいます。

活性型男性ホルモンのDHTを抑える内服薬がプロペシアということで、男性機能に関する弊害が少なからずあるのです。

精子が精巣内に閉じ込められた先天性精管欠損や、精液が尿道に送られない逆行性射精、精子の運動率が低下する膿精液症など、個人によって引き起こされる症状には違いが生じております。

それに、プロペシアの服用に100%原因が潜んでいるわけではないため、自分の身体に違和感を抱える男性は早めに病院を受診するべきです。

男性不妊症の治療を実施しているクリニックはどんどん増えており、精液検査やホルモン検査、染色体検査や抗精子抗体といった検査を実施して調べていきます。

もしプロペシアの服用が原因だと分かり、どうしても子供を作りたいと考えているのならば、別の方法でAGA対策を考えた方が良いのではないでしょうか。

必ずしもプロペシアの服用が全てではありませんし、ミノキシジルが含まれた育毛剤や発毛に欠かせない栄養素が含まれた育毛サプリメントの使用も選択肢の一つです。

 - プロペシアのデメリット