プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは大学生でも服用できるの?

      2018/02/01

「大学生でもプロペシアを服用して薄毛の対策ができるの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

大学生でも20歳を超えていればプロペシアを服用でき、脱毛を引き起こすDHTを抑制して抜け毛の発生を食い止められるのです。

「抜け毛や薄毛は中高年の男性が引き起こすもの」というイメージはあるかもしれません。

確かに、年配の男性は頭頂部が薄くなっていたり、生え際が後退しておでこが広がっていたりという症状に悩まされやすく、このことからもAGAが年齢とともに進行していくことがお分かり頂けます。

しかし、思春期を越えた男性ならば誰でもAGAを発症する可能性はあり、20代前半の大学生でも症状が出始めるかもしれないので、プロペシアを服用するのは選択肢の一つです。

「20歳未満での安全性や有効性は確立されていない」とプロペシアの添付文書には記載されているものの、身体が成長した20代の大学生ならば特に問題はないでしょう。

ただし、プロペシアは全ての薄毛の症状に効き目があるわけではなく、AGAによって引き起こされている抜け毛にしか効果がないので注意が必要です。

AGA以外の円形脱毛症といった病気には効き目がありませんし、男性のみの内服薬なので女性は服用できないという決まりになっております。

このように、年齢や性別によってプロペシアには多少の制限があるため、個人輸入代行業者で購入する際は十分に注意してください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアは保険適用外と設定されているため、医療機関の処方でも個人輸入代行業者の利用でも、入手するには高い費用を支払う必要があります。

毎月安定した給料が入ってくる社会人ならばともかく、財力のない大学生には大きな負担となるため、必ずしもプロペシアの服用がベストだとは限りません。

それに、20代前半の大学生ならばAGAの症状が進行していないと考えられるので、別の方法で抜け毛や薄毛の対策を行うのは選択肢の一つです。

AGAの治療は医薬品のプロペシアを服用しなければならないわけではなく、自然派成分が含まれた育毛剤や育毛シャンプーの使用など様々な方法が挙げられます。

育毛剤や育毛シャンプーもそれなりに高い費用がかかるので大学生にとっては負担が大きいかもしれませんが、プロペシアのような副作用はないので安全性の上でメリットが大きいのです。

焦ったところで短期間で薄毛を克服できるわけではないので、どの方法が今の自分に合っているのかゆっくりと考えてみてください。

 - プロペシアと年齢・性別