プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとコレステロール

   

プロペシアの服用により、副作用の一つとしてLDLコレステロールの数値が上昇することが分かりました。

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことを指し、肝臓で作られたコレステロールを様々な臓器に運ぶ働きを担っております。

LDLコレステロールが高いと血管の弾力が失われて血液が流れにくくなる動脈硬化のリスクが高まり、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気の引き金になりやすいのです。

プロペシアの服用でLDLコレステロールの数値の上昇だけではなく、肝臓のALT値が少し上がった例も見られるため、肝機能障害の副作用が引き起こされると言われているのではないでしょうか。

しかし、プロペシアの臨床試験で引き起こされた肝機能障害は非常に軽いものですし、健康に多大なる悪影響を及ぼすものではありません。

「1日に1錠を服用する」「自分勝手な判断で用量や回数を増やさない」という正しい飲み方を心掛けていれば、安全にプロペシアでAGA対策を進められます。

それに加えて、普段からLDLコレステロールが上昇しないように日常生活に気を配っていれば、病気のリスクが減少して健康体の維持に繋がるはずです。

LDLコレステロールの数値が高まって血液がドロドロの状態になれば、血行が悪くなって毛細血管への栄養供給が滞り、髪の毛の成長が阻害されて抜け毛の量が増えやすくなります。

そこで、以下ではどのような方法でLDLコレステロールの数値を下げれば良いのか詳しく説明しているので、今一度自分の生活習慣を見直してみてください。

 

食生活に注意する

脂質の多い食べ物やカロリー過多な食事ばかり摂取していると、LDLコレステロールの数値が上がりやすくなります。

乱れた食生活は糖尿病を引き起こすリスクも確実に増すので、肉類ばかりではなく野菜や魚類もバランス良く取り入れなければなりません。

特に、LDLコレステロールを下げる食べ物としては、タウリンが含まれた牡蠣やホタテ、レシチンやイソフラボンを含む大豆製品、食物繊維が豊富な緑黄色野菜が挙げられます。

DHAやEPAを含む青魚や、オメガ3系が含まれたサプリメントの摂取も実に効果的です。

 

運動不足を解消する

運動不足に陥っている人ほど、悪玉コレステロールの問題を抱えやすいことが分かっております。

カロリーの高い食品を良く食べている人でも、普段から小まめに運動をして身体を動かしていれば、当然のように消費エネルギーが増えてスリムな体型を維持できるのです。

筋トレや短距離走など筋肉に負担が加わる運動をしなければならないわけではなく、ウォーキングやサイクリングなど自分のペースで毎日続けられる運動を取り入れてみましょう。

 - プロペシアのデメリット