プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと鎮痛剤

   

鎮痛剤とは神経系の中で痛みを知覚する信号を抑えて症状を和らげる医薬品のことを指し、痛み止めとも呼ばれております。

ロキソニンやイブプロフェンといった鎮痛剤が有名で、一度は服用したことがあるかもしれません。

プロペシアを服用してAGAの治療を行うに当たり、鎮痛剤を併用できるのかどうか不安を抱えるはずです。

プロペシアの服用によるAGA治療は長期間に渡って実施されるため、日常生活の中で痛み止めを飲まなければならない状況は訪れます。

プロペシアの添付文書によると、併用禁忌の薬は一切設定されておりませんでした。どの医薬品においても、効果が下がったり副作用のリスクが上がったりという弊害はないため、併用できるというわけです。

鎮痛剤は以下のように、幾つかの種類に分けられます。

非ステロイド性消炎鎮痛薬:痛みを感じやすくするプロスタグランジンの生成を抑える
オピオイド鎮痛薬:痛みを感じる脳に働きかけて症状を和らげる
鎮痛補助薬:刺すような痛みや痺れるような痛みに効果がある

非ステロイド性消炎鎮痛薬としてはロキソニンやセレコックス、オピオイド鎮痛薬としてはトラマールカプセルやパシーフカプセル、鎮痛補助薬としてはアモキサンカプセルやプレドニンなどが挙げられます。

どの種類の鎮痛剤でもプロペシアの作用に悪影響を与える心配はないため、併用しても特に問題はないのです。

しかし、プロペシアの副作用の一つとして肝機能障害が挙げられ、肝臓の機能が弱っている方が服用する際には十分に注意しなければなりません。

内服薬は肝臓で代謝されますし、肝臓の機能が弱っている方が複数の医薬品を併飲する場合は念のために専門医へと相談した方が良いと言えます。

また、鎮痛剤として有名なロキソニンの場合、「アレルギーを持っている」「持病を持っている」「肝疾患や腎疾患がある」という人は、自分勝手な判断で服用しない方が良いでしょう。

他の鎮痛剤においても、飲む際に注意しなければならない症状の方はいらっしゃるので、プロペシアの有無に関わらず相談しておくのが安全というわけです。

ドラッグストアなどで販売されている市販薬ならば、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

それでも、医薬品にはどれも何かしらの副作用があるため、自分の身体を第一に考えるためにも、専門医と良く相談してから服用を開始してください。

 - プロペシアと関係のある薬