プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとセファランチン

   

抗アレルギー作用や血流促進作用、免疫機能増強作用といった効果を持ち合わせている医薬品がセファランチン (cepharanthine)で、脱毛症の治療に使われております。

プロペシアと同じように内服薬なのが大きな特徴で、身体の内側から作用してくれるというわけです。

血液の流れを促して毛乳頭に行き渡る栄養素を増やしてくれるため、ミノキシジルのような効果があるのではないかと考えている男性は多いかもしれません。

AGAの治療でプロペシアとセファランチンの併用が効果的だと考えるかもしれませんが、後者はAGAではなく円形脱毛症やひこう性脱毛症の治療薬として用いられているので注意が必要となります。

簡単に説明すればアレルギー反応を抑えて血行を促すのがセファランチンの働きで、元々はプロペシアと同じように脱毛症以外の治療で開発されました。

最初はベーチェット病や皮膚疾患の治療の際に用いられていたものの、アレルギーや精神的なストレスによって発症する円形脱毛症の治療に効果的だと判明し、現在では円形脱毛症の症状を和らげる内服薬として使われております。

ただし、セファランチンがAGA(男性型脱毛症)に効き目があるのかどうか検証した試験はほとんど実施されておらず、「治療効果がある」と根拠も示されていないので、服用を続けても意味がないのです。

確かに、血流促進作用のある内服薬なので、服用して全く意味がないとは言い切れないでしょう。

それでも、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも推奨されていない方法なので、セファランチンではなくプロペシアやミノキシジルを使って抜け毛や薄毛の対策を行うようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアとセファランチンは同じ髪の毛に引き起こされる症状を緩和する内服薬となっております。

プロペシアが男性ホルモンを抑える医薬品なのに対して、セファランチンはアレルギー反応を抑える内服薬なので、得られる効果は異なるかもしれません。

それでも、身体の内側から症状の改善を試みるという点では一緒で、育毛剤の使用が全てではないのです。

しかし、プロペシアが保険適用外の内服薬なのに対して、セファランチンは保険が適用されるという違いがあります。

これはAGAが保険適用外で円形脱毛症が保険適用の症状というのが大きな理由で、購入場所によって異なるもののプロペシアが1錠当たり250円なのに対してセファランチンは1錠20円程度で入手できるのです。

プロペシアよりも圧倒的に安いからこそ、セファランチンを使ってAGA対策ができないかどうか試みている男性が多いのではないでしょうか。

両者の医薬品の併用で身体に弊害はありませんが、セファランチンがAGAに効き目があるという報告は上がっていないので、他の方法で対策を練るべきです。

特に、プロペシアとミノキシジルの併用が効果的なので、是非一度試してみてください。

 - プロペシアと関係のある薬