プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとカフェイン

   

「プロペシアとカフェインは相性が悪いのではないか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、コーヒーや紅茶といった飲み物の中に含まれているカフェインは、妊娠中の女性にとってはあまり良くない成分で、髪の毛にも悪そうなイメージがあります。

しかし、実はカフェインの摂取で薄毛の改善に繋がるのではないかと考えられておりますし、プロペシアの効果を下げたり副作用のリスクを高めたりという成分ではないのです。

カフェインは以下のような理由で、抜け毛や薄毛の克服に適していると考えられております。

・適量ならば血行不良を改善してくれるので栄養素が行き渡りやすくなる
・抜け毛の原因となるDHTを産生する5αリダクターゼの働きを抑制する
・コーヒーや紅茶などの嗜好品の摂取でストレス解消に繋がる

上記の中でも、5αリダクターゼの働きを抑制してくれるのがカフェインの大きな効能で、プロペシアと同じような働きがあります。

もちろん、カフェインを摂取しているだけで、プロペシアと同じ効能が得られるわけではありません。

それでも、抜け毛や薄毛にとって不必要な成分というわけではなく、適量の摂取であれば、むしろプロペシアの効果を促す形となるのです。

しかし、だからといってカフェインを過剰摂取していると、逆に薄毛の原因に繋がるかもしれないので注意した方が良いでしょう。

あまりにもカフェインを過剰摂取していると、この成分には脳を覚醒させる作用があるため、夜に眠れなくなって睡眠不足に陥ります。

私たちは睡眠中に成長ホルモンが分泌されており、これによって髪の毛も成長しているため、抜け毛や薄毛の症状を克服したいのならば睡眠不足は早めに解消しなければならないのです。

また、カフェインは細胞のエネルギーを生み出す際に必要なアデノシンを抑えてしまいますし、コーヒーが大好きな人はこの飲み物の中に含まれているタンニンがミネラル分の亜鉛の吸収を阻害します。

プロペシアと亜鉛というページでも説明した通り、ミネラル分の中でも亜鉛は髪の毛と密接な関わりがあり、育毛サプリメントの中に含まれていることの多い栄養素なのです。

以上のように、カフェインは薄毛にとって良い要素と悪い要素の両方を持ち合わせており、適度な摂取が大事だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、過剰摂取に注意するのはどの栄養素にも該当する話なので、毎日の食事ではバランスを一番に考えてみてください。

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素