プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは分割して飲める?

      2018/02/01

「プロペシアは分割して飲めるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

錠剤を分割するグッズがピルカッターで、AGA治療薬のプロペシアも原理的には割って半分にして飲んでも構いませんし、残りの錠剤はピルケースに入れて空気と触れ合わないように保管しておけば良いのです。

プロペシアはAGAの治療として大きな効果が得られ、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することにより、DHTの産生を抑制して抜け毛の発生を食い止めてくれます。

しかし、医療機関で処方してもらうにしても、個人輸入代行業者で購入するにしても保険が適用されず、全ての費用を自費で支払わなければなりません。

しかも、1週間や2週間といった短い期間での変化はほとんど得られず、どんなに短くても6ヶ月は服用するようにと言われているので、経済的な負担は大きくなります。

だからこそプロペシアを分割し、半分にして飲んで長持ちさせようと試みている男性が多いのではないでしょうか。

プロペシアは1mgではなく0.2mgの取り扱いもあるため、分割して半分にしても効果が得られないというわけではありませんし、服用量が減れば副作用のリスクを抑えられます。

ピルカッターで分割してプロペシアのコーティング剤が剥がれてしまっても、体内での吸収をコントロールしている物質ではなく、固めた錠剤の品質の維持のために使われているので問題はないのです。

このような説明を聞くと、「自分はまだAGAによる薄毛の症状が進行していないから分割して費用を削減した方が良い!!!」と考えるかもしれません。

ただし、プロペシアを分割すると中に含まれている有効成分のフィナステリドが飛び散り、周りの人間の体内に入り込むという危険性があるのです。

AGAによる抜け毛や薄毛で悩まされていない男性がフィナステリドを体内に取り入れても、副作用が引き起こされることはないでしょう。

一方で、女性にとってはフィナステリドは危険成分の一つで、錠剤を服用するどころか触れるだけでも皮膚から成分を摂取して体内に入り込む場合があります。

もし、男児を妊娠している女性がフィナステリドを取り入れると、赤ちゃんの生殖器に異常が引き起こされやすく、奇形児が生まれるリスクが増すのです。

薬の一部が欠けて飛散すれば女性の体内に入り込みやすくなりますし、彼女や奥さんと一緒に住んでいる男性は絶対にプロペシアを分割して服用してはいけません。

一人暮らしの場合を除き、女性と一緒に生活している男性は特にプロペシアの取り扱いには細心の注意を払わなければならないのです。

AGA治療にかかる費用を減らしたいという気持ちは十分に分かりますが、周りの人間に迷惑がかからないようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアに関するFAQ