プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

ボトルタイプのプロペシア

      2018/02/01

bottle

プロペシアはボトルタイプとシートタイプの2種類が販売されており、どちらも同じ錠剤が含まれております。

発毛薬のパイオニアのMSD社から販売されているプロペシアの場合、シートタイプは28錠6,000円で、ボトルタイプは90錠で19,200円です。

プロペシアを処方している医療機関や個人輸入代行業者によって異なるものの、ボトルタイプの方が少しお得なのが特徴かもしれません。

ボトルタイプはケースの中に錠剤が裸で入っており、取り出しやすいということでシートタイプよりも便利だと考える男性が多いはずです。

しかし、プロペシアは1日に1錠を欠かさずに服用しなければならず、長期間に渡って飲み続けることを考えればボトルタイプよりも14錠PTPシートの製品の方が適しております。

シートタイプならばその日に服用したのか確かめられますし、「1週間で7錠減っていれば良い」とその都度確認できるのです。

ボトルタイプでプロペシアを服用していると、その日に飲んだかどうか忘れてしまうケースが多く、飲み忘れてしまうかもしれません。

それに加えて、間違って1日に2錠や3錠を服用してしまう危険性もあるため、ボトルタイプのプロペシアよりもシートタイプのプロペシアの方が適していることがお分かり頂けるはずです。

誤って1日に2錠服用しても抜け毛抑制効果が2倍になるわけではありませんし、副作用のリスクが増すだけとなります。

1日に1錠が絶対条件なので、安全にAGAによる薄毛を克服するためにも、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でシートタイプのプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、ボトルタイプのプロペシアを購入しても、別の内服薬を入れるケースに入れ替えて、その日に飲んだかどうか確認できるのならば特に問題はありません。

「1月1日」「1月2日」「1月3日」など、日にちが記載されたケースを用意し、その中にボトルから錠剤を取り出して保管しておけば、飲み忘れも飲み過ぎも防げるはずです。

ボトルタイプのプロペシアの方が少し価格が安いので、長期間に渡ってAGA対策を行っていくつもりならば、シートタイプよりもお得なのは間違いありません。

ただし、プロペシアに限らず、内服薬の錠剤にはコーティングが施されており、医薬品の消化吸収などを考慮しております。

ボトルタイプのプロペシアは、どうしても錠剤同士が擦れ合い、コーティング剤が剥がれて粉々になることもあるのです。

プロペシアは男性専用の薄毛治療薬で女性は服用だけではなく錠剤に触れることも禁じられているため、奥さんと一緒に住んでいる男性は錠剤の成分が飛び散らないようにシートタイプの製品を購入しましょう。

 - プロペシアの種類