プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと美肌

      2018/02/01

「プロペシアの服用により美肌効果を得られるのではないか?」という噂が飛び交っております。

なぜこのような噂が飛び交っているのかは分からないものの、男性ホルモンを抑制して皮脂の分泌が減少し、肌荒れが引き起こされにくくなるからかもしれません。

プロペシアは男性ホルモン自体に働きかける内服薬ではないものの、酵素の5αリダクターゼを阻害してくれるため、結果的に活性型男性ホルモンのDHTが作られにくくなり、抜け毛の抑制を図れます。

男性ホルモンの量が減れば皮脂の分泌量も減少するため、プロペシアの服用でニキビや吹き出物が形成されにくくなり、美肌に繋がるのではないかと言われているのです。

しかし、あくまでもAGAを治療するための医薬品ですし、プロペシアの主成分はフィナステリドで、美肌を促すような美容成分は一切含まれておりません。

美容成分としては、水分を抱え込んで保湿を促すヒアルロン酸や肌のハリに欠かせないコラーゲン、美白効果が得られるビタミンC誘導体や必須脂肪酸として欠かせないリノール酸が挙げられます。

プロペシアの中にはこれらの美容成分は一切含まれておりませんし、抜け毛を抑制したり育毛を促進させたりという効果しか得られないのです。

もちろん、それだけでも薄毛で悩む男性にとっては非常にありがたい話なので、どのような方法でAGA対策を行えば良いのか分からない方は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアの服用で美肌効果が得られたり抜け毛を減少させたりという効果があると聞き、服用したいと考える女性は多いのではないでしょうか。

確かに、抜け毛や薄毛で悩まされるのは男性だけではなく女性も一緒ですし、育毛シャンプーや育毛サプリメントで改善できないのならば、プロペシアのような医薬品に頼りたいと考えるはずです。

しかし、プロペシアは男性専用のAGA治療薬なので、女性は絶対に服用してはいけません。

他のページでも説明致しましたが、妊娠中の女性がプロペシアを服用して体内へとフィナステリドを取り入れると、お腹の赤ちゃんに悪影響が加わるリスクが高まります。

DHTは男児の生殖器を形成するために欠かせない存在なので、フィナステリドでその量を減らすのは危険だとお分かり頂けるはずです。

女性の薄毛を改善する専用の治療薬はクリニックで処方されているので、プロペシアではなく他の方法で対策を練ってみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気