プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で頭皮のべたつきが起こるって本当?

   

プロペシアの服用で頭皮のべたつきが起こるって本当なの?

頭皮のべたつき

AGA治療薬のプロペシアは効果が高い代わりに、様々な副作用のリスクがあるのは有名ですよね。

プロペシアの副作用の中でも代表的なのは性欲減退や勃起不全で、男性機能に少なからず悪影響を与えます。

しかし、男性機能に関する症状だけではなく、プロペシアの服用で次の症状が引き起こされたと報告している男性がいました。

  • 脂性肌で頭皮のべたつきが気になるようになった
  • 顔のテカリを中々抑えることができない
  • 皮脂の分泌量が増えてフケの発生が増えている

頭皮環境の悪化は抜け毛の増加や薄毛の進行の大きな原因になりますので、プロペシアの副作用で悪化するのは怖いのではないでしょうか。

結論から言うと、内服薬のプロペシアの服用で頭皮のべたつきが起こったり、顔のテカリを抑えたりといった変化は絶対にありません。

有効成分のフィナステリドは頭皮の皮脂とは一切の関係性がなく、以下の流れで男性ホルモンに働きかけるからです。

  1. プロペシアを服用すると有効成分のフィナステリドが体内に入り込む
  2. テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変える5αリダクターゼの働きを阻害する
  3. DHT(ジヒドロテストステロン)が減るとヘアサイクルが整っていく
  4. 抜け毛の本数が減って薄毛の進行を食い止めることができる

男性ホルモンのテストステロン自体ではなく、還元酵素の5αリダクターゼを阻害できるメカニズムになっています。

テストステロンは皮脂の分泌と関わっていますが、プロペシアの服用では減ることも増えることもないでしょう。

つまり、プロペシアの服用で頭皮のべたつきが起こった男性は、別の要因が潜んでいると考えるべきですよ。

 

頭皮がべたつく原因をまとめてみた

プロペシアを服用して抜け毛の本数を抑えていても、頭皮のべたつきを放置していては意味がありません。

頭皮の皮脂はAGAと直接的な関係性はないものの、「毛穴の中に皮脂が詰まる」⇒「髪の毛の成長に支障が出る」⇒「抜け毛が増える」といった悪影響のリスクがあります。

皮脂が過剰分泌されやすい体質の人ほど、日々の生活で正しい対策が必要です。

そこで、まずは頭皮がべたつく原因について幾つか見ていきましょう。

  • 頭皮が脂っぽいからといって1日に何回もシャンプーをしている(人間の自己防衛機能が働いてより多くの皮脂が分泌されやすくなる)
  • ワックスやジェルなどのスタイリング剤を1日の終わりにしっかりと取り除いていない
  • 肉類を中心に脂っこい食事ばかりを食べている(野菜や魚を食べる量が少ない)
  • マラセチア菌の増殖によって発症する脂漏性皮膚炎を患っている

頭皮のべたつきを感じるのは、内服薬のプロペシアではなく上記の原因が考えられますね。

元々脂性肌の男性は頭皮を中心に皮脂が分泌されやすい体質ですので、日常生活の送り方には十分に注意してください。

 

頭皮のべたつきの効果的な対策はこれだ!

頭皮のべたつきを放置していると抜け毛の増加でAGAが進行しやすいだけではなく、頭皮の臭いやかゆみなど別の問題も発生します。

頭皮環境は次第に悪化していきますので、早めに食い止めないといけません。

以下では頭皮のべたつきの効果的な対策を幾つか紹介していますので、毎日の生活の中で取り組んでみましょう。

  • 1週間に1回を目安にして頭皮の皮脂を取り除くクレンジングを行う
  • 適度な皮脂を頭皮に残すためにアミノ酸系のシャンプー剤を使う
  • メントールが配合された頭皮のべたつきや臭いを抑えてくれるスプレーを使う
  • 脂質や糖質の摂取を抑えて野菜や魚が中心の食生活を送る

基本的に日々のシャンプーの方法に気を配っていれば、頭皮のベタベタ感は改善されていきます。

脂性肌だからといって強力な洗浄力のシャンプーを使ったり1日に何回も洗髪したりしていると、余計に皮脂が分泌されて症状が進行していきますので注意が必要です。

 

まとめ

以上のように、プロペシアの副作用で頭皮のべたつきに関係性がないことがお分かり頂けたのではないでしょうか。

脂性肌でも乾燥肌でも、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を治療したいのであればプロペシアの服用がおすすめです。

プロペシアは病院やクリニックだけではなく、個人輸入代行サイトでもネット通販の感覚で気軽に購入できますので、確かな信頼と実績を獲得しているオオサカ堂を利用してみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気