プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと便秘

      2018/02/01

1日に1錠のプロペシアの服用をしっかりと厳守しているのならば、便秘といった不快な症状が引き起こされることはありません。

プロペシアの添付文書の中に「便秘」という副作用の項目はありませんでしたし、日常生活の中で慢性的な便秘で悩まされているのならばプロペシアの影響ではなく、他の原因が考えられます。

・加齢や環境の変化による悪玉菌と善玉菌のバランス崩れ
・精神的なストレス
・排便の我慢のし過ぎ
・食物繊維の不足
・運動不足によるぜん動運動の乱れ
・自律神経の乱れ
・無理なダイエットによる栄養不足
・ホルモンバランスの乱れ
・過敏性腸症候群を中心とする胃腸の病気

上記のように、様々な原因で便秘は引き起こされやすく、排便が困難になるだけではなく、腹痛や腹部膨満感、食欲不振といった症状にも繋がります。

肌荒れや肩こりなど全身に悪影響が生じることもあるため、慢性的な便秘は早めに改善しなければなりません。

「腸内環境と薄毛には関係性がない」と考えている方は多いものの、便秘によって老廃物が腸内に残されれば腐敗して有害物質が発生し、血液に乗って体内全体を巡ります。

血液の中が汚れれば新陳代謝も悪化し、髪の毛を作る細胞にも悪影響が加わるため、抜け毛や薄毛といった症状に繋がりやすいのです。

せっかくプロペシアを服用してAGA対策を行っていたとしても、髪の毛がきちんと成長できなければ症状の克服は難しいのではないでしょうか。

プロペシアは発毛を促す医薬品ではなく、DHTを抑えて抜け毛の発生を食い止める内服薬なので、AGAの改善を図りたいのならば便秘の解消にも力を入れなければならないのです。

とは言え、「毎月の月経でホルモンバランスが乱れやすい」「筋力が弱くて腸の運動が鈍くなりやすい」「運動不足に陥りやすい」という理由で、便秘は女性に引き起こされやすい症状となっております。

それでも、男性が便秘を患わないというわけではありませんし、慢性的な症状で悩むケースは十分にあるので、薄毛を悪化させる前に医療機関を受診しておくべきです。

便秘薬を服用しても根本的な改善に繋がるわけではありませんし、日常生活を見直さなければ繰り返すかもしれないので、病院で医師のアドバイスを受けるのがベストかもしれません。

それに、大腸の運動が低下する弛緩性便秘、大腸の過緊張によるけいれん性便秘、直腸に便が停滞する直腸性便秘など幾つかの種類に分かれます。

引き起こされている便秘の種類によって対策方法も異なるため、専門医の指示を参考にして症状の緩和を図ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気