プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとビール

   

beer

プロペシアの服用でAGA対策を行っている男性の中で、「ビールなどのお酒類を飲んでも良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

プロペシアとアルコールには相互作用は特にないため、摂取する時間帯をずらせばビールを飲むことは十分に可能です。

ビールを飲めば全身の血行が良くなるため、当然のように頭皮の血流も促されて、栄養素が行き渡りやすくなります。

プロペシアには発毛効果があるわけではなく、あくまでも抜け毛の抑制を図る力しか持ち合わせていないので、適量のビールで血行促進を図るのはAGA対策にとっても欠かせないポイントなのです。

それに、仕事やプライベートで溜まったストレスをそのまま放置していると、自律神経が乱れて男性ホルモンが急激に増え、抜け毛や薄毛の増加に繋がるかもしれません。

そこで、ビールを飲んでストレスの発散を心掛ければ自律神経が乱れる心配はなく、ありとあらゆる病気の予防に繋がります。

プロペシアの服用だけではなく、他の要素にも焦点を当ててAGAの対策を行うことにより、抜け毛や薄毛の進行を食い止められるのです。

しかし、あまりにもお酒を飲みすぎていると肝臓に負担が加わり、肝臓での分解作業が適切に行われなくなるので、以下の量を目安にしましょう。

・ビール中瓶1本~2本(500ml~1,000ml)
・日本酒1合~2合(180ml~360ml)
・焼酎1.2合(220ml)
・ウイスキー1杯(60ml)
・ワイン4分の1本(180ml)
・チューハイ1.5缶(520ml)

もちろん、個人の体質によってアルコールの許容量は大きく異なるため、プロペシアの服用に限らず飲み過ぎには十分に注意しなければならないのです。

特に、日本人が大好きなビールを飲みすぎていると、薄毛の原因に繋がると考えられております。

ビールが直接的に薄毛の原因に繋がるわけではありませんが、毎日のように飲みすぎていると糖分の過剰摂取に繋がり、体内で脂肪分に変わって頭皮の皮脂が分泌されやすくなるのです。

頭皮の皮脂の増加によってベタベタとしやすくなり、頭皮環境が悪化して抜け毛の発生に繋がるかもしれないので注意しなければなりません。

それに加えて、ビールの飲みすぎによって髪の毛の成長に欠かせないビタミンB群やアミノ酸が消費されるため、栄養不足に繋がります。

私たちの髪の毛は食べ物や飲み物からの栄養分で成長しているため、毎日の食生活の見直しも同時に行ってください。

 - プロペシアと関係のある食べ物・飲み物