プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとアボルブ

      2018/02/01

プロペシアと同じようにAGAの原因物質を抑制して発毛や育毛を促進してくれる内服薬がアボルブで、新宿ライフクリニックといった医療機関で処方されております。

数年前にプロペシアよりもアボルブの方がAGAの改善に有効なのではないかという意見が出回り、様々な研究や臨床試験が実施されました。

アボルブは前立腺肥大症の薬として日本では認可されており、英国グラクソ・スミスクライン社で開発されたこの医薬品の中にはデュタステリドが含まれております。

デュタステリドにはプロペシアと同じように酵素の5αリダクターゼを抑制する効能を秘めているため、AGAの治療に有効なのではないかと考えられているのです。

AGAは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、DHT(ジヒドロテストステロン)が産生されることで脱毛が生じるというメカニズムになっております。

プロペシアのフィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼの働きを抑制してくれるため、得られる効果が高いのではないかと議論されているのです。

2006年に実施された研究結果が医学誌の「Journal of the American Academy of Dermatology」で発表され、フィナステリドよりもデュタステリドの方が効果が高いことが分かりました。

ただし、この研究結果はデュタステリドが2.5mgなのに対して、フィナステリドが5mgでの検討だったので、「デュタステリドの方がフィナステリドよりも効果が高い」とは一概には言えません。

それに、アボルブの男性型脱毛症への効果は海外では実証されているものの、日本の厚生労働省にAGAの治療薬として認められているわけではないのです。

そのため、安全性を考慮するのならばアボルブではなく、正式なAGA治療薬として認可されているプロペシアを服用した方が良いのではないでしょうか。

それでも、プロペシアを長期間に渡って服用して大きな変化が得られなかったのであれば、アボルブの服用を試みるのは一つの選択肢となっております。

しかし、アボルブも医薬品という点では一緒で、食欲減退や全身倦怠感、性欲減退や乳房障害、抗うつ症状といった副作用が数例報告されているので注意が必要です。

「アボルブで過敏症の既往歴がある」「女性及び妊婦」「重度の肝機能障害を持っている」「20歳未満の未成年」はプロペシアと同じようにアボルブも服用できないので、十分に注意してください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある薬