プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロのアスリートはプロペシアを服用できるの?

   

「プロのアスリートはプロペシアを服用してAGAを治療できるのか?」という疑問を抱えている方はいます。

・だんだんと抜け毛の量が増えてきた
・30代に入ってから生え際が下がってきた
・頭頂部のボリュームがなくなってきた

このような男性特有の悩みを抱えるのはサラリーマンもアスリートも一緒です。

結論から言えばアスリートも問題なくプロペシアを服用できますが、2009年までは禁止されていました。

2005年に世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が薬剤の禁止リストの中にプロペシアに配合されているフィナステリドを入れ、それは以下のような理由です。

・ドーピング検査で筋肉増強剤の効果を隠せる
・実際にフィナステリドとドーピング薬剤を併用していたアスリートがいた

プロペシアが悪者というわけではないものの、ドーピングの効果を隠蔽できる可能性があるからこそ禁止リストの薬剤に入っていました。

しかし、2009年にはフィナステリドが除外され、検査技術の向上によって以前よりも遥かに細かく筋肉増強剤を使用しているかどうか判断できるようになったからです。

この点に関しては2016年の段階でも同じで、プロのアスリートでもプロペシアを服用してAGAの治療ができます。

抜け毛や薄毛を引き起こす最大の原因のDHTを抑制できる効果的な内服薬なので、AGAで悩む男性は当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

アスリートやスポーツ選手は薄毛で悩まされやすいの?

「アスリートは薄毛で悩まされやすいのではないか?」「スポーツ選手はハゲやすいのではないか?」という噂が飛び交っています。

①スポーツマンは筋肉質の男性が多い
②それだけ男性ホルモンの分泌量が多い
③AGAは男性ホルモンと深く関わっている
④普通の体質の男性と比べてハゲやすい

このように考えている方は多く、スポーツジムで身体を鍛えている方は不安になるかもしれません。

しかし、AGAを引き起こしているのは男性ホルモンのテストステロンではなく、酵素の5αリダクターゼによって変化したDHT(ジヒドロテストステロン)です。

そのため、必ずしも身体を鍛えているアスリートが薄毛で悩まされやすいとは言い切れず、スポーツ選手でも髪の毛がフサフサの男性は数多くいます。

ウェイトトレーニングといった筋トレをしてもハゲる確率がアップするわけではないので、安心して身体を鍛えてください。

 - プロペシアに関するFAQ