プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと汗

      2018/02/01

Yahoo!知恵袋ではプロペシアの服用により、汗の流れ落ちる量が多くなったと悩んでいる方がいらっしゃいました。

異常な汗だけではなく、身体の火照りも引き起こされるようになったみたいで、副作用なのではないかと疑っているようです。

しかし、AGA治療薬のプロペシアと多汗症には特に関係性がありませんし、何か別のところに問題が潜んでいるのかもしれません。

汗をかきやすい人の特徴としては以下が挙げられます。

・日常的に運動をして汗腺が鍛えられている
・身体全体の脂肪分が多い肥満傾向にある
・更年期障害によるホルモンバランスの乱れ
・自律神経の乱れによって多汗症を発症した

プロペシアの添付文書では、副作用の項目の中に多汗症は記載されておりませんし、汗が出るのは新陳代謝が良い証拠なのでそこまで神経質になる必要性はないのです。

体温を一定の状態で保っていないと全ての身体の機能は正常に働かないため、体温調節の際に汗をかくのは自然現象だと言えます。

運動をしなくても日常生活の中で汗をかくのは至って普通ですし、私たちの身体の機能を正常に保つのに重要な役目を果たしているのです。

それでも、プロペシアの服用で汗が止まらないと悩んでいるのならば、一度服用をストップさせてみるのが良いかもしれません。

それで汗が止まったのならば医薬品が体質的に合ってないことを指しておりますし、別の方法でAGA対策を試みるのは選択肢の一つです。

しかし、AGAの根本的な原因を食い止めるのにプロペシアは有効な内服薬なので、抜け毛や薄毛の症状を和らげるためにオオサカ堂で購入して毎日の生活に取り入れてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、汗っかきの人ほど薄毛で悩まされやすいと考えられており、それは頭皮の毛穴の中に詰まって雑菌が繁殖しやすくなるからです。

毛穴に無駄な皮脂が詰まれば当然のように髪の毛の成長は阻害されますし、雑菌の繁殖によってフケや痒みといったトラブルに繋がれば薄毛の症状は悪化していきます。

プロペシアは発毛を促す内服薬ではなく、抜け毛の予防を促す医薬品だと考えると、AGAの対策のためには汗への対処も念入りに行わなければなりません。

しかし、汗が直接的に薄毛の原因に繋がるわけではありませんし、かいた汗をタオルなどで小まめに拭き取っていれば特に問題はないのです。

家の中に入ればシャワーを浴びて頭皮の汗を流し、清潔な状態で保つように心掛けていれば頭皮環境は自然と良好になっていきます。

汗をかきっぱなしにしていることで毛穴詰まりや雑菌の増殖に繋がったりするため、頭皮や身体の汗をそのまま放置しないように注意してください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気