プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとアルコール

      2018/02/01

alcohol

プロペシアにはアルコールとの相互作用は特に認められていないため、飲酒しながらAGAの対策を行うことができます。

プロペシアによるAGA治療は最低でも半年間は行わなければなりませんし、1年間や2年間など長期間に渡るケースも多いため、その間に一切のアルコール摂取ができないのは辛いと感じる男性は多いはずです。

とは言え、プロペシアと飲み合わせが悪い医薬品はありませんし、アルコールを無理に制限する必要はありません。

お酒を飲みたいのに無理に我慢し、ストレスが溜まれば血行不良によって抜け毛や薄毛の症状は悪化していきます。

ストレス解消という意味でもアルコールの摂取は適しており、毎日の生活の中で楽しみを作ることは大事なのです。

しかし、プロペシアを服用している男性に限った話ではありませんが、アルコールの摂取量には十分に注意した方が良いでしょう。

プロペシアとの相互作用がないとは言え、体内で吸収されたアルコールは肝臓で分解作業が行われます。

つまり、限度を超えたアルコールを摂取していれば肝臓での分解作業に異常が生じますし、プロペシアのような内服薬も肝臓で分解されるので大きな負荷が加わるのです。

プロペシアの添付文書の中には、「肝機能障害のリスクあり」という副作用の項目があり、年齢を重ねた男性ほど肝臓の機能が弱まっていると考えられます。

そのため、アルコールを一切飲んではいけないわけではないものの、「摂取量に注意する」「プロペシアの服用との時間帯を避ける」という2点を守らなければなりません。

全ての医薬品は販売される前に数々の臨床試験が実施されており、効果と安全性の両方が確立された状態で患者さんへと行き渡るシステムになっております。

とは言え、平常の体調状態での安全性についてしか保障されておらず、飲酒による個人的な体調不足に関してはデータ不足なのです。

もし、日本酒やビールなどのお酒を飲んで血圧が上昇し、その状態で内服薬のプロペシアを服用すれば、有効成分が急激に体内を循環する形となるため、副作用のリスクが高まります。

このような弊害を防ぐためにも、プロペシアとアルコールの摂取の時間帯をなるべくずらし、錠剤は水や白湯と一緒に飲むのが一番です。

また、お酒が大好きという男性の気持ちは十分に分かるものの、長期間に渡ってプロペシアを飲めば肝臓への負担は大きくなるため、1週間に1回や2回はアルコールを控える休肝日を設けてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素