プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で悪化するの?

   

AGA治療薬のプロペシアを服用して、抜け毛や薄毛の症状が悪化することは絶対にありません。

プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれており、これが酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することにより、DHTの産生量が減って抜け毛や薄毛の症状を抑えてくれます。

逆に抜け毛が増えるような成分は一切配合されていないため、用法と用量を守って服用しているのならば、症状が悪化する心配はないのです。

それでも、プロペシアを服用して悪化したと感じているのならば、それは初期脱毛の可能性があります。

フィナステリドの服用で男性ホルモンの害が抑えられ、徐々に正常なヘアサイクルへと戻っていくのですが、毛髪が新しく生まれて古くなった髪の毛が押し出される形となるため、一時的に抜け毛が増えやすいのです。

この症状を初期脱毛と呼び、プロペシアやミノキシジルを使ってAGA治療を行っている男性の多くが引き起こされます。

確かに、AGA治療薬を服用しているのに抜け毛が減らず、逆に本数が増えてしまうということで、症状が悪化していると感じてしまう男性は多いのではないでしょうか。

しかし、これは新しい髪の毛が生え始めているサインでもあるので、AGAの症状が進行しているわけではありませんし、AGAの治療の際には絶対に通らなければならない道なのです。

むしろ、初期脱毛を恐れてプロペシアの服用を中止すると、本来の効果を得られなくなるのでそのまま服用を続けなければなりません。

「初期脱毛が起こらなければAGAによる薄毛は改善されない」とまで言われているので、諦めずに飲み続けてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、実際にプロペシアを服用した男性に話を伺ってみると、多くの方が初期脱毛で悩まされておりました。

事前に情報を知らないと医薬品の服用で症状が悪化したと勘違いしますし、自分が服用する内服薬に関してはきちんと調べなければならないのです。

また、プロペシアの服用による症状の悪化は初期脱毛ではなく、別の脱毛症の可能性も十分にあります。

プロペシアは全ての薄毛治療薬というわけではなく、男性ホルモンが関わっているAGAにしか効き目がありません。

つまり、自己免疫疾患が原因の円形脱毛症や、過剰に分泌された皮脂が原因の脂漏性脱毛症には効果がないのです。

これらの脱毛症で悩んでいる男性が仮にプロペシアを服用しても、抜け毛や薄毛の症状は抑えられませんし、間違った対策を行っていれば症状は悪化していきます。

男性が引き起こすほとんどの薄毛がAGA(男性型脱毛症)だと考えられているので、「薄毛治療=プロペシアの服用」という考え方は間違っていないでしょう。

それでも、別のところに原因が潜んでいるかもしれないので、不安な方は専門医の診察を受けてみてください。

 - プロペシアに関するFAQ