プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアでAGAを治療しよう

      2018/02/01

MSDと呼ばれる製薬会社から販売されているAGAの治療薬がプロペシアで、1997年にAGAへの効果が認められました。

そもそも、AGAとは男性型脱毛症のことを指し、成人男性に見られる髪の毛が薄くなる状態です。

AGAの原因と言われているのが男性ホルモンで、頭頂部や生え際に存在するテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結び付くことでジヒドロテストステロン(DHT)が産生されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)がホルモンバランスを乱してヘアサイクルを狂わせるため、年齢を重ねるにつれて抜け毛の量が増えて薄毛が進行していくのです。

AGAは男性ならば誰でも発症する可能性があるので致し方ないものの、プロペシアにはこのジヒドロテストステロン(DHT)を抑える効果があります。

5αリダクターゼの働きを阻害してDHTを作らせにくくしてくれるので、AGAの治療薬として高い支持を得ているのです。

日本では2005年に厚生労働省に認可されて発売されておりますし、世界60ヶ国で承認されているほど知名度の高いAGA治療薬となっております。

国籍や人種に関わらずAGAは世界共通の男性を悩ませる病気なので、ありとあらゆる国々の人から愛されているのです。

基本的には病院を受診して血液検査や遺伝子検査を行い、AGAだと診断されたら医師からプロペシアを処方してもらう形となります。

しかし、「安い料金で入手したい」「病院へと通院する手間を省きたい」という男性のために、現在では個人輸入代行業者を利用してネット通販で入手できるようになりました。

身体の内側から抜け毛を予防するというメリットの大きな医薬品なので、AGAを治療するために当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用してプロペシアを入手してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、個人の体質に関わらず、AGA(男性型脱毛症)は年齢とともに症状が進行していくという特徴があります。

最初は、「抜け毛がちょっと増えたかな」という症状でも、年齢を重ねることでその本数が増え、頭頂部の脱毛が広がったり生え際が後退したりするのです。

AGAの人は全国で1,260万人いると言われているので、決して不思議な症状ではありません。

それでも、20代や30代といったまだまだ見た目のイメージを気にする年齢に髪の毛が薄くなって老けて見られるのは辛いので、治療としてプロペシアが積極的に使われているのです。

髪の毛を直接的に生やすような内服薬ではないので、半年でのプロペシアの効果というページでも説明したように、ある程度の変化を得るまでには時間がかかります。

それでも、AGAはヘアサイクルが短くなって髪の毛が抜け落ちることで薄毛が進行していくので、その状態をストップさせられるプロペシアの服用は画期的なのです。

「血中濃度を保つために24時間周期で服用する」「お茶と一緒に飲むと効果が半減する」「錠剤は割ってはいけない」など幾つかの決まりがあるので、不安な方は個人輸入ではなく病院を受診して処方してもらってください。

 - プロペシアのメリット