プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと亜鉛

      2018/02/01

プロペシアと亜鉛の飲み合わせについて

プロペシアだけでAGAによる薄毛の症状を劇的に変化させられないのならば、亜鉛との飲み合わせが非常に適しております。

数多くの栄養素の中でも亜鉛は薄毛に欠かせない存在だと言われており、それは男性ホルモンの働きを抑制する効果があるからです。

それに加えて、亜鉛は髪の毛を構成しているタンパク質を分解する役割があり、健康的な毛髪を作るために必要となります。

髪の毛を構成しているタンパク質の中でもケラチンが最も有名で、このケラチンを生成するためには亜鉛が欠かせないので、毎日の食生活の中でバランス良く取り入れた方が良いでしょう。

「プロペシアを毎日服用しているのにも関わらず抜け毛が改善されない」という悩みを抱えている男性はいらっしゃいます。

個人の体質によって異なるので一概には説明できませんが、恐らくプロペシア以外のAGA対策しか行っていないことが原因です。

プロペシアを飲んでいればみるみるうちに髪の毛が生えるような魔法の医薬品ではなく、基本的には抜け毛の発生を抑える効能しか持ち合わせておりません。

つまり、毎日の食生活が乱れていて亜鉛などの栄養素が不足していれば健康的な髪の毛を作れず、AGAによる薄毛の症状は次第に悪化していくのです。

亜鉛の1日の目安摂取量は約10mgですが、現代人の食生活では不足しやすいので注意しましょう。亜鉛は以下のような食べ物の中に含まれております。

・牡蠣
・レバー
・鶏肉
・豚肉
・ごま
・ワカメ
・昆布
・納豆
・ブロッコリー
・卵黄

限られた食品にしか含まれていない栄養素というわけではないため、食生活のバランスに気を配っていれば極端に不足することはないはずです。

特に、牡蠣の中には亜鉛だけではなく、アミノ酸やビタミン、ミネラルや炭水化物など豊富な栄養素が含まれております。

また、プロペシアとの飲み合わせで危険が生じることは絶対にないため、毎日の食事で亜鉛を上手く摂取できないのならばサプリメントに頼るのは一つの選択肢かもしれません。

しかし、あまりにも亜鉛を過剰摂取していると、「前立腺に蓄積しやすい」「銅や鉄分が不足する」「めまいや吐き気が生じる」「HDLコレステロールが低下する」という弊害があります。

普段の食事で十分な量の亜鉛を摂取できているのならば、薄毛の改善のためにわざわざサプリメントを飲む必要性はないので注意してください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素