プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

60代でもプロペシアは効果があるの?

   

全ての年齢の男性が悩む症状が薄毛で、20代の若者でも60代の高齢者でも髪の毛が薄くなって嬉しいと考える人はいないはずです。

そこで、「60代でもプロペシアは効果があるの?」という疑問を抱く男性がいらっしゃるかもしれません。

スキンクリニック運営の総合毛髪医療によると、年齢が若ければ若いほどプロペシアの効果を実感できるものの、適正年齢は18歳から80歳と記載されておりました。

年齢に関わらず、プロペシアを服用すれば5αリダクターゼの働きを抑え、脱毛を引き起こすDHTの産生を防いでくれます。

そのため、「少しでも薄毛の進行を遅らせたい」「今の毛髪を少しでも長く維持したい」と考えている60代の男性は、AGA治療としてプロペシアを服用するのは選択肢の一つです。

もちろん、プロペシアは発毛を促す内服薬ではなく、あくまでも男性ホルモンのDHTの産生を抑えて現状維持を図るお薬なので、60代の男性が服用しても若い頃のフサフサの状態を手に入れるのは困難でしょう。

それでも、ある程度髪の毛が残されていればAGA治療に遅いということはないため、プロペシアを服用してみるべきです。

当サイトでは、インターネット通販で格安の価格でプロペシアを購入できる個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しているので、是非一度利用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記では60代を超える高齢者でも、プロペシアを服用してAGA治療を行えると説明しました。

しかし、30代や40代の男性が服用するケースとは異なり、劇的な改善効果を得るのは難しいと心得ておくべきです。

日本国内で実施されたプロペシアの臨床試験の報告では、1年間の投与で58%、2年間で68%、3年間で78%の男性に改善効果があらわれました。

現状維持を含めれば98%近い数値となり、世界中の医療機関で処方されている理由は分かります。

それでも、この臨床試験は20歳から50歳までの成人男性が対象となっており、60代の男性に対する効果ではありません。

それに、加齢によって引き起こされる脱毛症はDHTとそこまで大きな関係性がなく、プロペシアの服用で効果が得られないケースも十分に考えられるため、ミノキシジルやカルプロニウムを中心とする外用剤の方が良いのです。

また、他の薬と比較して発生率は低いものの、プロペシアの服用によって肝機能障害の副作用が出ると考えられております。

20代の若者よりも60代の高齢者の方が既に肝臓の機能が弱っているはずなので、プロペシアを服用する際は必ず専門医に相談してみてください。

 - プロペシアと年齢・性別