プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは1日おきに飲んで良いの?

   

プロペシアは購入方法によって違いが生じているものの、大よそ1錠当たり300円程度の費用がかかり、経済的に苦しいと感じている男性は少なからずいらっしゃいます。

しかも、プロペシアでAGAの改善を図るにはある程度の期間に渡って続けなければならないため、コスト削減を図るために1日おきに飲んでいる方は多いかもしれません。

1日おきにプロペシアを服用すれば1日当たりのコストは150円となりますし、まだ収入の少ない若い男性でも続けられるはずです。

プロペシアは1日に1錠という飲み方が定められており、回数や用量を増やしても効果の増強は認められないと言われております。

それに、副作用のリスクを上げる結果になりかねないので、添付文書で記載されている飲み方は守らなければならないのです。

しかし、減量に関しては禁止されているわけではありませんし、人によっては少ない量でも髪の毛に変化が生じるかもしれないので、1日おきにプロペシアを服用するのは選択肢の一つなのではないでしょうか。

AGA治療は続ければ続けるほど金銭的な負担が大きくなり、プロペシアの服用だけではなく他の対策も取り入れていれば尚更です。

毎日の生活を切り詰めてまでAGA治療を行ったところで良い結果が待っているとは限りませんし、精神的なストレスが溜まれば髪の毛にも悪影響が加わります。

ただし、プロペシアの有効成分のフィナステリドは24時間で体内から消滅することが分かっており、毎日服用するのと1日おきで服用するのとでは効果に差が出ると心得ておくべきです。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクの評価を受けているのがフィナステリドで、プロペシアの服用でこの成分を摂取することで脱毛ホルモンのDHTの産生を防いでくれます。

DHTの量が減れば抜け毛を減少させられるので、理想の髪型の維持に繋がるというメカニズムです。

1日おきにプロペシアを服用していれば、当然のようにフィナステリドが体内に存在しない時間帯が増え、理論的には抜け毛予防効果が半分になります。

個人差があらわれる部分なので一概には言えないものの、最大のパフォーマンスを得たいのならば1日に1錠という本来の飲み方を続けるべきです。

とは言え、プロペシアの服用を続けて抜け毛が減少し、産毛も生えてきてある程度の改善が見られたのならば、1日おきや2日おきなど飲む回数を減らしてみるのは選択肢かもしれません。

年齢を重ねれば重ねるほど内服薬の服用で肝臓に大きな負担が加わりますし、個人の症状や体調など様々な点を考慮してプロペシアの減薬を図ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアに関するFAQ