プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは10代の未成年でも服用できるの?

      2018/02/01

「10代の未成年でもプロペシアを服用できるの?」「医療機関で10代の未成年にもプロペシアを処方してくれるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

薄毛の悩みと聞くと、40代や50代の中年のおじさんをイメージする方が多く、「10代や20代の自分とは無縁の症状」だと考えるはずです。

しかし、男性ホルモンの働きが活発になる思春期以降ならば誰でもAGAを発症する可能性はあり、10代の未成年の段階で抜け毛が増え始めるケースは十分にあります。

中高年の男性のように10代の段階で髪の毛が極端に薄くなることはないものの、「抜け毛が増えてきた」「ボリュームがなくなってきた」と悩むかもしれません。

10代の未成年でも少なからずAGAを発症している男性がいるとデータがありますが、10代でのプロペシアの有効性や安全性は確立されていないので病院で処方してもらうことはできないのです。

プロペシアの取り扱いとして定められていることなので、どんなに薄毛が進行している未成年でも医師は処方してくれないでしょう。

患者さんの身体に悪影響が生じるだけではなく、10代の未成年にプロペシアを処方すればその医師が罰せられてしまいます。

プロペシアは少なからず男性ホルモンに作用するAGA治療薬で、未成年は成人男性と比較してホルモンバランスが不安定なため、安易にプロペシアを服用してはいけないと決められているのです。

現在では個人輸入代行業者を利用して誰でも簡単にプロペシアを入手できるようになりましたが、10代の未成年者は他の方法で対策を進めてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、内服薬のプロペシアだけではなく、ミノキシジルが含まれた育毛剤も副作用の恐れがあるため、10代の未成年には処方されません。

抜け毛や薄毛の症状を少しでも抑えるために医薬品を使用し、その副作用の影響で不快な症状が引き起こされていては全く意味がないのです。

高校生から大学生にかけての年齢は女性でも男性でも髪型に気を配りますし、周りの友人と比べて少し薄いだけでもショックを受けます。

髪の毛の薄さは年齢が若い人ほどコンプレックスを感じる傾向が強いことが分かっており、ボリュームがなくなって地肌が見えているならば尚更です。

それでも、20歳未満にはプロペシアの臨床試験自体が実施されていないため、絶対に服用しないようにしましょう。

薄毛で悩む10代の未成年には、自然派成分が含まれた育毛剤や育毛サプリメントを使った方法が適しております。

40代や50代のようにハゲは著しく進行していないはずですし、生活習慣の見直しだけでも十分な効果が得られるので、焦らずにゆっくりと対策を練ってみてください。

 - プロペシアと年齢・性別